インターネット依存症
インターネット依存症(インターネットいぞんしょう)、インターネット中毒(インターネットちゅうどく)は、1997年にイヴァン・ゴールドバーグによって理論づけられた障害である。賭博依存症 (en:Compulsive gambling) と比較することで、DSM-IVで診断される。
ゴールドバーグとキンバリー・ヤングは、インターネット依存症をDSMの次の版であるDSM-Vに含めるように請願活動を行っている。そうすることで、保険会社がインターネット依存症のカウンセリングのための支払いを行うようになるとされている。しかし、インターネット依存症は実際の障害ではなく、これをDSM-Vの精神障害として分類するべきではないとする主張も強い。

wikipediaより


リストに戻る

チャットレディ募集サイト情報
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO