インターネット電話の経緯
1990年代後半より、スピーカー・マイクロフォンまたは、ヘッドセットを接続したパソコンにソフトウェアをインストールする方式で利用されていた。
2000年前後より、インターネット電話から、固定電話や携帯電話などに発信できるようなサービスも普及した。また、プロバイダフリーのIP電話など、一般または専用の電話機が使えるサービスも出始めた(次項参照)。
ただ、通信経路上にインターネットがあるIP電話サービスには、サービス品質上、IP電話番号(050)の付与は認められないことになっているため、他の電話網から着信できるようなサービスは、日本国内ではほとんど出なかった。
その後、日本国内では、IP電話(電話番号《050》の割り当てにより公衆網などからの着信が可能となり、通常の電話機を使えるようになった)の普及により、インスタントメッセンジャーから発信するサービスが終了になるなど、日本国内では商業ベースのサービスとしては下火になっている。
だが、最近ではSkypeのように面倒な契約や難しい設定等をせずに気軽にインターネット電話・ボイスチャットが出来るソフトが開発され、一部では再燃が見られる。2005年現在では携帯電話やPDA、ニンテンドーDSといった無線LANが内蔵された機種でもボイスチャットが出来るソフトを開発中である。2006年より、(日本を除く)米国ほか数カ国でYahoo!メッセンジャーから公衆網間と発着信可能なサービスを開始予定。

wikipediaより


リストに戻る

チャットレディ募集サイト情報
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO