アルバイトの過剰需要
以前は、アルバイトといえば学生といったイメージが強く、学業期間が終われば正社員になるケースが多かった。しかし、就職氷河期の到来や、若年退職者の増加、不況による待遇の格下げにより、学業期間が終わったのにも関わらずアルバイトをする人間が出現した。これがフリーターである。雇用側は給料以外の諸手当・経費がかからないフリーターを使う事を学んだあげく、アルバイトをするフリーターに依存する形のビジネスモデルを作りあげてしまった。世にアルバイトが多いのはこういった理由もある。

wikipediaより


リストに戻る

チャットレディ募集サイト情報
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO